テクニカル資料のダウンロード

テクニカル資料のダウンロード

製品紹介ビデオ

   
テクニカル資料:
メタル配線関連 光ファイバー配線関連


 
 
 
 
 
   
メタル/光ファイバー配線関連

   
       
 
■ 情報配線の試験要領書 (Rev C) ■ メタル/光ファイバー配線測定の用語集

情報配線の試験要領書 私たちの身の回りには網の目のように LAN 配線が張り巡らされています。ただ単に PC とネットワークを結ぶだけに見えるこの配線には、物理層における確実な信号伝送を保証するための性能が様々な規格によって決められています。そして、これらの規格に基づいて施工された配線は、最終的に当該規格に定める性能要件を満たしているか試験 (測定) を行わなければなりません。
 本書では、これらの規格の概要や施工後の測定方法をご紹介し、LAN 配線工事仕様書作成における試験項目の作成に手助けとなる実務的な情報を提供いたします。

ダウンロード・ボタン

メタル/光ファイバー配線測定の用語集 ネットワークの世界は、専門用語がたくさん登場し、その意味を1つずつ理解するのも大変です。
 本書は、これからネットワークの工事に携わる方々や、すでに用語やその意味を知ってはいるが再確認をされたい方々、およびフルーク・ネットワークスのケーブル・テスト製品を使用される方々に便利な、メタルおよび光ファイバー・ケーブルの敷設や試験に関係する用語集をコンパクトにまとめました。
 さらに試験結果を提出する際に使用する LnikWare PC テスト管理ソフトウェアによって出力されるレポートの簡単な解説も含まれております。

ダウンロード・ボタン

 
■ IT インフラの基礎を支えるケーブル配線システムの重要性 ■ JEITA LAN 配線ガイド - トラブルシューティング編

IT インフラの基礎を支えるケーブル配線システムの重要性 オフィスに張り巡らされた LAN について、日頃、ユーザーが意識することはないが、LAN 配線の性能はコネクタとの接続やケーブルの引き回しなどによっても変化する。そのため、作業者の技量や施工環境によっては、規格が定める性能を下回ることがあります。

 そこで、LAN 配線を適正に構築するために技術者が知っておくべき規格や試験方法、テスターの使い方等の基礎知識、最新の規格動向を分かりやすく解説します。

ダウンロード・ボタン

JEITA LAN 配線ガイド - トラブルシューティング編「目次、および初めに」抜粋版 

高速・広帯域通信を実現する技術 は大きく進歩してきましたが、情報配線システムを構築する技術については、あまり注目されておりません。

 本書では、情報配線システムの設計・施工・施工管理および、発注時に予想されるトラブルを、事例を交えて解説すると共に、最新情報配線システムの標準規格、不具合の要因、フィールドテスタを使用したトラブルシューティング技法をまとめています。

ダウンロード・ボタン

注記:この「目次、および初めに」抜粋版は、JEITA (一般財団法人 電子情報技術産業協会) より承認を得て配信しております。全文は JEITA ホームページよりご購入することができます。手順の詳細は、こちらからご覧になれます。

 
■ NBASE-T 2.5G / 5G イーサネット・テクノロジー ■ NBASE-T のパフォーマンスおよび ケーブリングのガイドライン

NBASE-T 2.5G / 5G イーサネット・テクノロジー 企業ネットワークの大半は、ここ 10 年ほど、アクセス層のスループット向上のニーズを満たすために 1000BASE-T イーサネットに頼ってきました。しかし、このアプリケーションが主要テクノロジーとして存在し続ける時間はなくなりつつあります。

 IEEE 802.3bz 規格の完成前の 1Gbps 超の速度に対する差し迫った需要に応えるため、NBASE-T Alliance (45 社以上の業界リーダーによって構成されるコンソーシアム) は、IEEE の策定プロセスと並行・協力して、標準化前の仕様および製品の開発に取り組んでいます。

ダウンロード・ボタン

NBASE-T のパフォーマンスおよび ケーブリングのガイドライン NBASE-T Alliance は、企業ネットワーク・インフラに新しい命を吹き込むことを目標にしている45 社を超える企業からなるコンソーシアムです。同アライアンスは、膨大な量にのぼる企業ネットワークの既設のカテゴリー 5e、6、および 6A メタル線を使用した、最長 100 メートルで最大 2.5 および 5 ギガビット/ 秒(Gb/s)の速度を実現する PHY 仕様を発表しました。

 本書では、NBASE-T™ テクノロジーを既存のケーブル配線に実装しようとしているネットワーク所有者および設計者向けに、ケーブルインフラの評価、ケーブル構成が最悪の場合に予想される NBASE-T のパフォーマンス、ケーブリング・チャネルが NBASE-T をサポートするようにするための軽減策について説明します。

ダウンロード・ボタン

△ トップへ戻る
 
■ データセンターおよび企業ネットワーク基盤を支える光ファイバー配線システムの重要性 ■ カテゴリー 8 ケーブル・テスト - FAQ

データセンターおよび企業ネットワーク基盤を支える光ファイバー配線システムの重要性 光ファイバー・ネットワークは、ビジネスにとって最も重要な資産であるデータセンターの中核をなしており、高速に必要な情報にアクセスすることを要求しています。このような状況下でダウンタイムの発生やパフォーマンスの低下が許されないことは言うまでもありません。今日の光ネットワークは広い帯域幅を必要とし、伝送速度が 40 ~ 100 Gbps へと高速化するのに伴い、光配線に要求される損失バジェットはこれまでになく厳しくなっています。

 本書は、光ファイバーの実用化の歴史から、最近の配線規格動向ならびに市場動向を概観するとともに、高速光配線システムが、その性能を確実にサポートできるための配線性能要件、ケーブル品質の適切な評価、認証と効率的なトラブルシューティング方法について解説します。

ダウンロード・ボタン

カテゴリー 8 ケーブル・テスト - FAQ カテゴリー 8 と関連するすべての規格が承認されました。本資料内に IEEE 25GBASE-T と 40GBASE-T をサポートする最新の対撚り線配線システムに関連する最も一般的な質問をまとめました。

 2 GHz 帯域、30 m 長、チャネル内コネクター数 2 で仕様化された Cat 8 は、データセンターのアプリケーションを意図して規定されました。特に、新たに出現した 25 および 40 Gb/s のスピードが求められるデータセンター・エッジの用途に焦点が当てられています。

ダウンロード・ボタン

 
■ LinkWare Live テクニカル・データ ■ LinkWare Live のご利用方法

LinkWare Live テクニカル・データ ネットワークの敷設現場で行われている、テスターによる性能試験や品質テスト。その結果は作業報告書などに添付され、実際に行われた作業品質を顧客に提示することが必要不可欠です。しかし、現場で行ったテスト結果が迅速に把握できないなど、現状の試験環境に課題を感じている方も少なくありません。

 そんな工事を管理するマネージャーが抱える課題を解決するために役立つのが「LinkWare Live」(リンクウェアー・ライブ) と呼ばれるクラウド・ソリューションです。

ダウンロード・ボタン

LinkWare Live のご利用方法 LinkWare Live を利用することにより、テスター本体やメモリーをオフィスに持ち帰ることなく測定結果を現場から瞬時に転送できるので、測定結果の迅速な集計や測定結果の紛失の防止が可能になります。また、オフィスの PC 上から現場にある Versiv の設定情報を作り込む事ができるので、現場の作業者が Versiv の操作に不慣れでも、正しい設定で測定を実行してもらう事ができます。

 本書では、クラウドを利用して Versiv の測定データを PC へ送信したり、Versiv の設定情報をオフイスの PC から現場の Versiv にインプットできる LinkWare Live の使用方法を説明します。

ダウンロード・ボタン

 
■ ケーブル試験のトラブルシューティング・ツール・ガイド

ケーブル試験のトラブルシューティング・ツール・ガイド ケーブル・テスターには、敷設した配線システムが配線規格に入っているかどうかを確認する「認証試験」用ケーブル・テスターの他、低価格で試験の目的と試験要件レベルを「配線の伝送性能」や「導通の確認」などの必須項目に絞り込んだミッドおよびローエンドのケーブル・テスターがあります。後者は主に、配線のチェックやトラブルシューティング時の 1 次切り分け用に使用されます。

 本書はこのような異なるタイプのメタル配線用ケーブル・テスターの紹介、および、ご購入前に、使用目的に合ったツールが間違いなく選択できるようになるための「LAN 配線とその試験の基礎知識」と「トラブルシューティング用ツールの選択指針」、ならびにフルーク・ネットワークスが提供する「製品タイプごとの特長機能」とこれらを活用した「トラブルシューティング手法」について紹介します。

ダウンロード・ボタン

 

 

△ トップへ戻る
トラブルシューティング・ガイド:
メタル配線関連 光ファイバー配線関連


   
       
 
■ メタル配線トラブルシューティング・ハンドブック ■ 光ファイバー情報通信配線の試験とトラブルシューティング・ガイド

メタル配線のトラブルシューティング・ハンドブック障害診断のノウハウがご覧いただけます。

 業界標準「フルーク・ネットワークス DTX-1800」の障害診断機能を活用すれば、これまで試行錯誤に頼っていたトラブルシューティングの時間を大幅削減可能です。

 このハンドブックでは、フルーク・ネットワークスの DTX ケーブルアナライザーを使い、構造化配線システムの高度なトラブルシューティングを通じて、作業の生産性を高め、より高い付加価値を得るための指針を提供いたします。

ダウンロード・ボタン

光ファイバー・トラブルシューティング・ガイドブック 今日のバックボーン配線を始めとする高速光ファイバー配線はその増大するネットワーク帯域をサポートするため、これまでにない厳しい性能要件をもたらしています。そのため、その損失規格に、配線性能を確実に適合させることは、ネットワーク・エンジニアにとっての大きな課題となりつつあります。

 このガイドでは、配線性能要件、フィールド試験方法、認証試験とトラブルシューティングのテクニック、ならびに使用すべき測定器の概要について解説します。

ダウンロード・ボタン

△ トップへ戻る
ホワイト・ペーパー:
メタル配線関連 光ファイバー配線関連


 
 
   
メタル/光ファイバー配線関連

 
   
       
 
■ Versiv へのアップグレード、その 5 つの理由:コスト削減 ■ パッチコード試験と DSX-5000 用パッチコード・アダプター

Versiv へのアップグレード、その 5 つの理由:コスト削減 2004 年に市場に投入いたしました DTX ケーブルアナライザーは、構内 LAN のメタルおよび光ファイバー配線用に世界で最も普及したケーブル・テスターとして実績を残すことができました。今では伝説として語られるほど、フルーク・ネットワークス製品は耐久性と信頼性を持つことから、お客様の中には、ほとんど半永久的にしようしたいと望まれる方もいらっしゃるかもしれません。

 しかし、残念ながら将来、それがきわめて高くつくことになるかもしれません。

ダウンロード・ボタン

DSX-5000 用パッチコード・アダプター 最近の通信速度の高速化に伴い、エンド・エンド間の伝送を通信エラーなく行うためには、配線インフラ機器に直接接続するパッチコードにも、厳しい性能が求められています。実際に、この機器に直接接続されたパッチコードで発生した信号反射や信号の漏話(一般に NEXTと呼ぶ)は、減衰することなく、ダイレクトに伝送機器の通信性能に影響を及ぼすためその品質維持には各段の注意が必要です。

 本テクニカル・データでは、パッチコード試験の重要性とその要件およびパッチコード試験の生産性向上のための具体的な手順と測定結果レポート、および不合格になった場合のトラブルシューティング手法についても解説いたします。

ダウンロード・ボタン

 
■ ケーブル認証試験: これまで以上に重要な 6 つの理由 ■ ツイストペア配線による 10 ギガビット/秒イーサネット試験の課題

ケーブル認証試験: これまで以上に重要な 6 つの理由 経済情勢が混沌としている今日、IT 部門で使用されているサービスの真価が問われています。

 その中で注目されているサービスが、企業のネットワーク・インフラを展開し、それを健全に稼動するようにメンテナンスしていくことです。インフラにはメタル配線や光ファイバー配線が含まれ、これらのインフラがネットワークを支える重要な基盤となっています。本書では、ネットワーク・オーナーにとっての具体的なケーブル認証試験のメリットとそのコスト・メリットについて説明します。

ダウンロード・ボタン

ツイストペア配線による 10 ギガビット/秒のイーサネット試験の課題 エイリアン・クロストーク(AXTalk) への対応に有効な設置および試験に関する新しいガイドライン

 ツイストペアー銅線ケーブリング上の10ギガビット/秒イーサネット(10GBASE-T) に対応する標準は、依然として開発段階にあります。ここ数ヶ月間に数多くの問題や要件が定義されるなか、10 ギガビット/秒イーサネットに関する標準は 2006 年半ばには確定し、公表される予定です。本書では、ツイストペアー・ケーブリング要件の概要と、敷設されたケーブリング・システムのパフォーマンスの測定および認証の方法について説明します。

ダウンロード・ボタン

 
■ 複雑・多様化する認証試験作業を効率よく進めるためには ■ 収益確保のための着目点

複雑・多様化する認証試験作業を効率よく進めるためには 今日の IT に関する話題は、クラウド、仮想化、SAN、BYOD、SaaS そして SLA 等の用語であふれています。その一方で、物理層、つまり OSI 7 レイヤーにおけるレイヤー 1 の話が、それらの話題になることは滅多にありません。しかし、最終的にはすべてのネットワーク技術者は重要かつ基盤的役割を果たすレイヤーとそれをサポートする配線インフラに依存することになります。

 もしも、配線インフラが稼働しなかったら、すべてが稼働しません。そして、身の回りにある技術と同じく、配線インフラ技術は常に変化しています。この変化、すなわち敷設や認証における技術の高度化に気を配らないコンサルタントやネットワーク・オーナーは、結果的には事業として収益率の改善やその継続性において苦労することになるでしょう。

ダウンロード・ボタン

収益確保のための着目点 構内 LAN 配線システムの敷設が開始された時に、どのように認証するかが問題でした。

 15 年が経過した今では、新しいテクノロジー、さまざまなサービスへの統合、サーバーのデータセンターへの移行、さらに業務全体が、ますますその複雑さを深める中、メタル、光ファイバーおよびワイヤレス、それぞれの分野ごとの専門職化がなされています。

 この中にあって常に変わらなかったものは、収益を上げる必要性とキャッシュ・フローを健全に保つことでした。

ダウンロード・ボタン

△ トップへ戻る
 
■ OTDR によるデータセンターの光ファイバー配線管理 ■ 光ファイバー・インフラへの素早い洞察

OTDR によるデータセンターの光ファイバー配線管理 光ファイバー敷設担当者やネットワーク技術者の方々が、OTDR を選定される際に知っておくべき重要なパラメーターについて、より理解を深めていただくことを目的としています(ホワイトペーパー)

 データセンターの光ファイバー配線の信頼性を確保するため、インフラ性能の整合性を評価するネットワーク技術者には、さらに高精度かつ高速の測定手法が必要となっています。適切な機器を選択すれば、現在のデータセンターの試験に求められる新たな要件を満たすばかりでなく、技術者の作業効率を向上させ、企業の光ファイバー・ネットワークの信頼性と価値を高めることもできます。

ダウンロード・ボタン

光ファイバー・インフラへの素早い洞察 光ファイバー配線の敷設は、一般にメタル配線ネットワークを扱う場合よりも、現場の作業者や技術者により細心の注意を要求します。

 OTDR (光パルス試験器) は、企業やデータセンター環境において、日常的には使用されないことは良く知られている事実です。しかし、いったん必要となると、しばしばその解決に極めて大きなコストをかけなければならないような、重大な問題の特定に使用されます。

ダウンロード・ボタン

 
■ エンサークルド・フラックス:現実、あるいは架空の話なのか? ■ より効果的な結果管理によるコストの削減

エンサークルド・フラックス:現実、あるいは架空の話なのか? EF (エンサークルド・フラックス) のもたらす恩恵は、過去半年の間、増加しつつあります。すなわち、2014 年を目標とするエンサークルド・フラックス励振条件の実施に関する事実上の配慮点を規定する TIA-TSB-4979 規格の刊行に伴い、その傾向は引き続き増加する可能性があります。

 この記事では、エンサークルド・フラックス手法とこの手法の実施上の配慮点に関する考察について説明します。

ダウンロード・ボタン

より効果的な結果管理によるコストの削減 データ通信敷設業者は、メーカー保証要件のサポート、顧客要件の適合、製造品質の確保などさまざまな理由からケーブル・システムを認定します。テスターから得られた結果の管理は重要であり、認証プロセスの中で時間を要する部分でもあります。

 世界中の敷設業者を対象とした調査では、1 か月に平均 1,026 リンク設置をしたという回答が得られました。これらを 1 つのレポートにまとめ上げるという作業はコストに関わるかなりの部分を占めます。別の調査では、敷設業者の 77% が 1 か月に結果管理の問題点に対処する必要があったと回答しています。これらの問題点を解消するにはどうすれば良いのでしょうか?

ダウンロード・ボタン

 
■ エンサークルド・フラックス:規格化委員の視点 ■ BIMMF ケーブル試験のノウハウ:EF の必要性

エンサークルド・フラックス:規格化委員の視点 エンサークルド・フラックスに適合した光源は、正確な励振状態を生成する唯一の光源ですが、この正確な励振状態を達成することは容易ではありません。これまでの励振光源は、安定性を得るために制限の緩いテンプレート、値テーブル、または安定性規定を用いてきました。

  この記事では、エンサークルド・フラックスの誕生から採用、実装まで、過去 10 年間にわたって励振状態がどのように進化してきたかを説明します。

ダウンロード・ボタン

BIMMF ケーブル試験のノウハウ:EF の必要性 光ファイバー信号の伝送は、全反射という現象に依存します。光ファイバー・メーカーは、データセンターやエンタープライズ・ネットワーク向けの曲げに強い 50 μm マルチモード光ファイバーを開発しました。この新しい曲げ不感マルチモード光ファイバー (BIMMF) は、曲げ耐性のないマルチモード光ファイバーと比較して信号損失を大幅に低減します。

  光ファイバー・メーカーおよびテスト機器メーカーによって提供されたデータでは、BIMMF をテストするには特定の種類の励振が必要であることが明らかになっています。この励振条件がエンサークルド・フラックス (EF) です。

ダウンロード・ボタン

△ トップへ戻る
 
■ 直流抵抗のアンバランス試験:PoE システムのための
 簡単かつ低コストな保険
■ OTDR 双方向試験が必要な理由と正しいテスト方法

直流抵抗のアンバランス試験:PoE システムのための簡単かつ低コストな保険 IEEE により 1999 年および 2003 年にそれぞれ承認されたギガビット・イーサネット (1000BASE-T) とパワー・オーバー・イーサネット (PoE) は現在、一般的に採用されているネットワーク・テクノロジーです。

 両テクノロジーは、敷設済みケーブル配線インフラのおよそ 85% でサポートされており、過去 10 年間にわたり多くの企業に普及してきました。そして、これまで以上に水平 LAN 配線環境にギガビット・イーサネットと多くの PoE 機器の導入や計画がなされるまでに至りました。

 一方で、PoE 接続における直流抵抗アンバランスは、大きな問題を引き起こす可能性があります。

ダウンロード・ボタン

OTDR 双方向試験が必要な理由と正しいテスト方法 今日の光ファイバー・ネットワークを敷設する工事業者とネットワーク管理者は、OTDR ばかりでなく光損失測定の機能を持つさまざまなインフラ試験用のテスターを入手する機会があります。 その一方で、いったいどのテスターを選んだらよいのか、どのような機能が本当に必要なのかといった議論が繰り返されています。

 「100 % の正確性をもって測定を行う」には、テスト・コードと被試験リンク間の双方向試験を実施する必要があります。

ダウンロード・ボタン

 
■ 規格に準拠した認証と最適手法の適用による光ファイバー
  端面清浄度確認が、光ファイバー障害の 1 番の原因を排除
■ データセンターの 25G および 40G Ethernet で
  主要な役割を果たす配線規格 Cat 8

規格に準拠した認証と最適手法の適用による光ファイバー端面清浄度確認が、光ファイバー障害の 1 番の原因を排除 光ファイバー端面の検査とクリーニングが、光ファイバー障害の最も推奨される解決策とされています。 しかし、依然としてデータセンター、キャンパスおよびその他のエンタープライズ・ネットワーククやテレコム・ネットワー ク環境においては、接続部の汚れが光ファイバー測定の問題やテスト不合格の 1 番の原因となっています。

 業界がデータ速度の向上、厳しい損失バジェット、新しい多芯光ファイバー・コネクターの使用に対応するなか、光ファイバー端面の検査とクリーニングを予防的に行って、ネットワークのアップタイム、パフォーマンス、機器の信頼性を確保することがこれまで以上に重要になっています。

ダウンロード・ボタン

データセンターの 25G および 40G Ethernet で<br />  主要な役割を果たす配線規格 Cat 8 2016 年末までに、いくつかの配線部材メーカーが彼らの最初の Cat 8 ケーブル製品を発表することが予想されていいます。Cat 8 の次世代対撚り線規格を代用するもので、2GHz までの帯域をサポートし、最初は、データセンターにおける最大 30 m までの Ehternet に使用されます。

 さらに、配線テスター・メーカーは、Cat 8 配線の実際のフィールドでの試験と検証の実施とエンドユーザーに対する保証を敷設工事業者が配線メーカーから得ることができるよう、まもなく新たな Cat 8 フィールド・テスターを発表することでしょう。

ダウンロード・ボタン

 
■ MPO 構成 による光ファイバー配線試験方法の解説 ■ Cat 6A パッチコードの測定結果について

MPO 構成 による光ファイバー配線試験方法の解説 MPO コネクターで成端された光ファイバー配線の減衰量測定方法は、IEC、TIA、または ISO/IEC 規格で明確に規定されていません。ケーブルは、ピンありまたはピンなし MPO プラグで成端することもできます。このような異なる状況がある中では、テスト方法が不明確になります。

 このホワイトペーバーでは、さまざまなケーブル配線構成のテスト方法について説明します。本解説では 5 つの手順を示します。

ダウンロード・ボタン

Cat 6A パッチコードの測定結果について ケーブル認証ツールを使用してカテゴリー 6A パッチコードを測定すると、パッチコードのフィールド試験結果が不合格であったり、アスタリスク記号 (*) 付きの測定結果が表示されたりすることがあります。

 このホワイトペーパーでは、結果にばらつきが生じる原因を説明し、フィールド試験においてこの状況が発生した場合に取るべき対応を解説します。

ダウンロード・ボタン

△ トップへ戻る
ケース・スタディ:
メタル配線関連 光ファイバー配線関連


 
   
       
 
■ DSX-5000 とパッチコード・アダプターのケース・スタディ  

DSX-5000  とパッチコード・アダプターのケース・スタディ  電子部品などに使用される巻線や基板に実装される各種ヒューズをはじめ、ビル内や家庭内の情報配線用に用いられる LAN ケーブルやパッチコードを製造・販売している日本製線株式会社。1938 年 7 月に創業した同社は日本国内で製造されている LAN ケーブルやパッチコードに関して大きなシェアを占めており、一般的なビル内情報配線で利用される LAN ケーブルのみならず、情報インフラを預けるデータセンタで需要が急増している細径のパッチコードなど様々なケーブルを提供している。

 そこで同社の目に留まったのが、DTX CableAnalyzer シリーズの後継機種となる、LAN 配線の様々な認証試験に関する手順を迅速化することが可能な Versiv ファミリーのケーブルテスター「DSX-5000 CableAnalyzer だった.....

ダウンロード・ボタン

 
△ トップへ戻る
ブログ:
メタル配線関連 光ファイバー配線関連


 
 
 
 
 
 
 
   
       
 
■ 規格最新動向: 25GBase-T ■ 規格最新動向: ISO/IEC 14763-3 の現状

規格最新動向:25GBase-T - ブログ 数年前に40GBASE-T (IEEE 802.3bq) の制定が開始されて以来、私たちのほとんどが、 10 Gb/s を超える次世代のデータセンター向け対撚り線配線は 40 Gb/s になるものと信じていました。

 しかし、クラウド・ベースのデータセンターにおいては 25 Gb/s がスイッチとサーバー間のスピード として、より効果的かつ効率的であると認識していたメーカー/ベンダー数社によって、2014 年の 11 月に、25GBASE-T を新たな規格として制定しようという呼びかけが行われ ました。 わずか 4 カ月以内に作業部会が組織され、25GBASE-T の目的の決定と承認がなされました。

ダウンロード・ボタン

規格最新動向:ISO / IEC 14763-3 の現状 - ブログ ISO/IEC 14763-3 の第 2 版は 2014 年に発行されました。この規格は、光ファイバー配線の検査・テストに使用されるシステムやその手順を指定し、構内配線におけるケーブルの敷設と運用をサポートします。

 規格は、ビジネス上の変遷に応じ、また、顧客のニーズに適合することを意図して常に変更がなされています。そのため、規格化の策定動向には十分な注意を払う必要があります。

ダウンロード・ボタン

 
■ 規格最新動向: ISO/IEC 11801 の現状 ■ BIMMF テスト・コードと一般的なマンドレルの使用

規格最新動向:ISO / IEC 11801 の現状 - ブログ ISO/IEC 11801、情報技術 - 構内情報配線システムは全面的に見直されつつあります。前のバージョン、 第 2.2 版は 2011 年に発行されました。このバージョンで ISO/IEC 11801 は、1 つの包括的な文書としてまとめられていました。

 その後の規格の拡大により、規格は次の 6 つの部分に分けられました・・・

ダウンロード・ボタン

BIMMF テスト・コードと一般的なマンドレルの使用 ネットワーク・ケーブル配線プラントの敷設、試験、認証を行う方たちは、所定のパラメータで 規格性能を満たすこと、アプリケーションを確実にサポートすることの重要性を理解されていますが、どんなに優秀な方でも、収益や顧客満足度に悪影響を及ぼすような失敗をすることがあります。

 ネットワークのケーブル配線システムをテストする際に熟練者でもやってしまう 「ちょっとした 判断ミス - シリーズ #8」 - BIMMF (曲げ不感マルチモード・ファイバー) テスト・コードと一般的なマンドレルの使用 - について見てみましょう。

ダウンロード・ボタン

 
■ TR-42.7 分科委員会と IEEE の共同の取り組み ■ 規格最新情報:400 ギガへの道のり

TR-42.7 分科委員会と IEEE の共同の取り組み IEEE 規格がスピードと PoE 供給電力に対する需要に応える中、TIA も先例に倣って IEEE とともに協力し、IEEE が進めるアプリケーションをケーブル配線インフラが十分にサポートできるように.取り組まなければなりません。

 分科委員会での最新かつ重要な標準化活動、そしてこれが IEEE の規格策定にどのように関 係しているのか見ていくことにしましょう。

ダウンロード・ボタン

規格最新情報:400 ギガへの道のり この 10 年間で、光ファイバー配線の能力は、伝送距離についてのさらなる拡張に加え、そのスピードにおいても40 および 100 ギガに達するという素晴らしい進展を見せています。

 また、光ファイバー損失要件が厳しくなる一方で、少ない光ファイバー数でファイバー帯域を増やし伝送能力を高めるという取り組みが行われており、その試みのすべてが 400 ギガへのロードマップに従って前進しています。

ダウンロード・ボタン

△ トップへ戻る
 
■ 高密度実装光ファイバー配線を照らし出す端面検査スコープ ■ 損失測定の不確実性 - 改定版

高密度実装光ファイバー配線を照らし出す端面検査スコープ 過去 10 年、SANs (storage area networks) にアップリンクされる機器の増加とそれら機器とスイッチ間の広帯域ニーズの拡大によってデータセンターに実装される光ファイバーの量は著しく増加しています。

 また、すべての機器に要求される 1 次および 2 次光ファイバー接続を必要とする冗長化の需要があることも、その増大の要因としてあることは言うまでもありません。

ダウンロード・ボタン

損失測定の不確実性 - 改定版 光損失測定セット (OLTS) を使用して損失測定を行い、その結果、合格になった場合、マージンが示されますが、その場合、どの程度のマージンが許容されるのだろうか、ということついて考えたことはおありでしょうか。

  測定距離が短い場合は、通常、損失バジェットが小さいため、測定の不確実性が問題になってきます。すべての損失測定については、特にリミット値に対してテストを行う場合ですが、マージンが小さな場合、予測される損失測定の不確実性が重要になります。

ダウンロード・ボタン

 
■ ジャケットは耐水性? DSX-5000 を使用した
  敷設ケーブルのトラブルシューティング
■ シールドの完全性

ジャケットは耐水性?DSX-5000 を使用した敷設ケーブルのトラブルシューティング お客様が「どうも DSX が壊れたらしい」とおっしゃっる時には、大抵はそうではありません。「どうしてそう思われるのですか。」とお尋ねすると、「前に合格だったリンクが不合格になっているから」と返事が返ってきます。

 この問題の原因は一体何なのでしょうか?そこで早速、詳細なテスト結果を見るため、お客様に flw ファイルを送っていただきます。これは、トラブルシューティングでいつも行われる最初のステップです。

ダウンロード・ボタン

シールドの完全性 100BASE-TX が全盛の時代、ほとんどの敷設環境では、シールド付きケーブルの利点はそれほどないように思われていました。その後、データレートや周波数が増加した時、外部からもたらされる小さな干渉問題よりも、ケーブル間の干渉が大きな問題になりました。

 最新の Cat 8 ケーブル配線では、エイリアン・クロストーク問題に対処できないため、すべての Cat 8 ケーブルはシールド付きになっています。従って、両端のコネクターのシールドが適切に成端されることが必須になります。

ダウンロード・ボタン

 
■ 話題の LP とは? ■ MPO コネクター付きのケーブルのテスト

話題の LP とは? 最近話題の PoE (パワー・オーバー・イーサネット) 向けの LP 認証ケーブルを耳にし、自社の PoE 環境にこのケーブルが必要かどうか知りたいと思っていませんか?

この新しい UL 認証規格と 2017 National Electric Code (米国電気工事規定) との関係、さらに策定された理由、そしてテストしなければならない理由について詳しく見ていきましょう。

ダウンロード・ボタン

MPO コネクター付きのケーブルのテスト 光ファイバー・ケーブリングに関連する多様な規格が存在しているにもかかわらず、MPO コネクターで成端された光ファイバー配線の試験用の規格が発表されていないことに驚かれる方もいることでしょう。 筆者により、このようなテスト・ガイダンスが提供される技術報告書 (TR) が 2017 年 6 月についに発表される予定です。

このガイダンスは TR/IEC 61282-15 と呼ばれます。技術報告書は、特定のトピックについてガイダンスを提供するものの、国際規格や ANSI/TIA 規格などのように必須要件は含んでいません。

ダウンロード・ボタン

△ トップへ戻る
 
■ 40 Gig デュプレックス・マルチモード・アプリケーションについて ■ 光ファイバーの西部開拓時代 - 制約のない世界

40 Gig デュプレックス・マルチモード・アプリケーションについて 波長分割多重方式 (WDM) をサポートするために、840 ~ 953 nm 波長を規定する OM5 ワイドバンド・マルチモード・ファイバー (WBMMF) が業界規格で認められたため、デュプレックス・マルチモード・ファイバーを使用した 40 Gig イーサネットを実現するソリューションが何かと話題になっています。

 本ブログでは、規格に基づかないいくつかの方法についてもその概要について触れています。

ダウンロード・ボタン

光ファイバーの西部開拓時代 - 制約のない世界 40 Gig デュプレックス・マルチモード・アプリケーションは今日のデータセンターがスイッチ間の光ファイバー・リンクをコスト効率よく広帯域化するための数多くある方法の 1 つの手法です。実際にはさらに数多くの方法があります。

 光ファイバーには標準化された方法がなく、ある意味では西部開拓時代に似ています。必ずしも騒然とした、無拘束、無秩序な行動で特徴づけることはできませんが、光ファイバーの導入には手つかずの領域があることは確かであり、多くの場合、いわば不法(すなわち不適合)と言えます。

ダウンロード・ボタン

 
■ 光ファイバー:バックボーン以外での利用 ■ BIMMF による光ファイバー規格対応への賛否両論

光ファイバー:バックボーン以外での利用 最近、企業のさまざまな配線システムで、メタル線を使った水平構内配線の代わりに、パッシブ・オプティカル LAN (POL) が使用されています。この技術によって、ライザー・バックボーンやデータセンター以外でも光ファイバーが使用され始めたため、光ファイバー技術者は、これらの水平配線における光ファイバー配線システムを水平配線の外でもテストする必要があります。

 本ブログでは、このパッシブ・オプティカル LAN についてどのようなものなのかをご紹介します。

ダウンロード・ボタン

BIMMF による光ファイバー規格対応への賛否両論 最近、曲げ不感マルチモード光ファイバー (BIMMF) をテストコードに使用できない理由についてよく質問されます。問題なのは、BIMMF 以外の光ファイバー(「従来」の光ファイバー)の調達が困難になってきているなか、敷設業者は、状況に応じて既製製品を購入する必要があるとういうことです。

 さらに、テストコードに BIMMF 以外の光ファイバーの使用を義務付ける IEC テスト規格の変更も要求されています。本ブログでは、このことによってもたらされる影響も含め、詳しく見ていきます。

ダウンロード・ボタン

 
■ OM5 の現状と規格化動向についての最新情報 ■ 500 万件以上のテスト結果がクラウドにアップロード!

OM5 の現状と規格化動向についての最新情報 さまざまな議論が行われ、何かと話題になった OM5 (以前はワイドバンド・マルチモード・ファイバーまたは WBMMF と呼ばれていました) は、ついに明確に規格化されました。OM5 は、簡単に言えば、953 nm の帯域特性が追加された OM4 光ファイバーです。もちろん、それだけではありません。

 本ブログでは、OM5 について従来の OM3/OM4 との違いや新しい通信方式である SWDM などについてご紹介します。

ダウンロード・ボタン

500 万件以上のテスト結果がクラウドにアップロードされました! 世界中の敷設業者、ネットワーク管理業者の皆さまに Versiv・ファミリー製品をご利用いただき、当社は業界で大きな成果を達成することができました。500 万件以上のテスト結果がフルーク・ネットワークス LinkWare Live ケーブル認証クラウド・サービスにアップロードされました。その数は増え続けており、毎月 300,000 件以上のテスト結果がアップロードされています。

 このことからも、会社の業務やビジネスを改革するために、ますます多くのユーザーがクラウド・サービスとコネクテッド・テクノロジーを活用していることがわかります。

ダウンロード・ボタン

 
■ データセンターの主流であり続ける RJ-45 ■ 2 または 8 の倍数の芯線数を持つ将来の光ファイバー

データセンターの主流であり続ける RJ-45 メタル線ツイストペア・ケーブルは、データセンター・インフラの基盤です。今日のサーバーでは、RJ-45 ポート タイプが最も多く使用されており、毎年 10 億近い RJ-45 コネクターが販売されています。

 昔から広く使用されているRJ-45 の特長は、25 Gbps および 40 Gbps ネットワークの新しい Cat 8 システムでも変わらず、今後とも一般的なコネクターとして使用され続けられるものと考えられます。

ダウンロード・ボタン

2 または 8 の倍数の芯線数を持つ将来の光ファイバー 市販の 8 芯 MPO ソリューションは、ギガビット (40GBASE-SR4) や 100 ギガビット (100GBASE-SR4) アプリケーションに最適です。8 芯のうち、4 芯を使って送信、4 芯を使って受信を行い、伝送速度は 10 または 25 Gb/s です。

 将来の光ファイバー・アプリケーションにおいて、今後も 8 芯 MPO ソリューションが最も有用であると考えられます。これは、将来のすべての光ファイバー・アプリケーションの芯線数は、12 ではなく、2 または 8 の倍数であるためです。

ダウンロード・ボタン

 
■ 光源とパワー・メーターを使用した双方向試験について ■ OTDR 測定時のカーソル配置について

光源とパワー・メーターを使用した双方向試験について ISO/IEC 14763-3 光ファイバー配線テストの 2014 年版では、パーマネント・リンクに対する単方向試験を必須条件として記載しています。特定のケースでは、双方向試験も必要になります。

 しかし、ISO/IEC 14763-3 では、双方向試験のやり方について情報を提供していません。本記事では、その方法を説明します。

ダウンロード・ボタン

OTDR 測定時のカーソル配置について OTDR を使用してパーマネント・リンクをテストおよび特性を観察する際には、コネクター減衰量とファイバー損失の測定が必要です。この測定をおこなうには、ランチ・コードとテイル・コードが必要です。

 OTDR のテストにおいては、測定エラーにつながる可能性があるため、測定時にはカーソルの配置に注意する必要があります。本記事では、これらについて図を交えながら解説します。

ダウンロード・ボタン

 
■ 試験方法と構内情報配線規格 - ハーモナイゼーション ■ MPTL:今日のコンバージド・インフラのための試験手順

試験方法と構内情報配線規格 - ハーモナイゼーション 規格の会議に参加したことがある人であれば、「ハーモナイゼーション」という言葉を頻繁に聞いたことがあるかもしれません。ハーモナイゼーションという考えは、究極の目標のようなもので、異なる団体からの規格を合意一致させることです。

 本記事では、TIA、IEC、および ISO/IEC の規格化団体が発行している構内配線およびテスト規格について取り上げます。

ダウンロード・ボタン

MPTL:今日のコンバージド・インフラのための試験手順 モノのインターネット (IoT) とセンサー技術の発展により、多くの IP 対応デバイスがメタル線の水平配線インフラに接続されています。LED ライト、防犯カメラ、ビル自動化制御など、このようなほとんどのデバイスと Wi-Fi アクセス・ポイントは、ネットワークに接続するために RJ45 ポートを備え統合化がなされています。

 こういった種類のデバイス (特に、フェース・プレートの取り付けに向かない天井に設置されるデバイス) を接続する際、一般的な 4 コネクター・チャネルを使用しない場合があります。

ダウンロード・ボタン

 
■ ケーブル・テスターを使ってカテゴリー 8 配線システムのどこをテストすればよいのか?  

ケーブル・テスターを使ってカテゴリー 8 配線システムのどこをテストすればよいのか? すでに、TIA TR-42.7 分科会によってカテゴリー8 配線が承認されたことはご存知のことと思います。またフルーク・ネットワークスが Cat 8 フィールド試験の性能要件を満たすことを独立認証機関によって検証・推奨された最初のフィールド試験向けの DSX-8000 ケーブルアナライザーを発売したことも恐らくお聞きになったことがあるかと思います。

 それでは、Cat 8 配線システム試験が、どこにおいて、なぜ、試験をする必要があるのかご存知でしょうか?

ダウンロード・ボタン

 

△ トップへ戻る
インフォグラフィックス:
メタル/光ファイバー配線関連

   
       
 
■ LinkWare Live - カスタム・ファイバー・リンク、何が問題なのか? ■ LinkWare Live - テスターが行方不明?

LinkWare Live - カスタム・ファイバー・リンク、何が問題なのか?光ファイバー・リミット値のカスタム設定の実情

 施工業者は、認証プロセス中に生じる問題に 1,000 本の配線処理当たり、約 47 時間を費やしています。施工業者の 42 % が「リンクをテストするときに問題を報告している」と言っていることは別に驚きではありません。

 そのメリットが一目で実感できる図説を用意しました。

ダウンロード・ボタン

LinkWare Live - テスターが行方不明?資産管理の実情

 テスターの所在やテスターの状態を記録しておくことは、時間を要する作業です。テスターは、投資効果を上げるため、現場を度々移動します。そして、それが頻繁になるほど所在の把握は、より困難になります。校正期限が切れていれば、顧客からのテスト結果の受け入れてもらえません。

 そのメリットが一目で実感できる図説を用意しました。

ダウンロード・ボタン

△ トップへ戻る
お勧め資料:
メタル配線関連 光ファイバー配線関連


   
メタル/光ファイバー配線関連

   
       
 
■ メタル配線トラブルシューティング・ハンドブック ■ 光ファイバー情報通信配線の試験とトラブルシューティング・ガイド

メタル配線のトラブルシューティング・ハンドブック障害診断のノウハウがご覧いただけます。

 業界標準「フルーク・ネットワークス DTX-1800」の障害診断機能を活用すれば、これまで試行錯誤に頼っていたトラブルシューティングの時間を大幅削減可能です。

 このハンドブックでは、フルーク・ネットワークスの DTX ケーブルアナライザーを使い、構造化配線システムの高度なトラブルシューティングを通じて、作業の生産性を高め、より高い付加価値を得るための指針を提供いたします。

ダウンロード・ボタン

光ファイバー・トラブルシューティング・ガイドブック 今日のバックボーン配線を始めとする高速光ファイバー配線はその増大するネットワーク帯域をサポートするため、これまでにない厳しい性能要件をもたらしています。そのため、その損失規格に、配線性能を確実に適合させることは、ネットワーク・エンジニアにとっての大きな課題となりつつあります。

 このガイドでは、配線性能要件、フィールド試験方法、認証試験とトラブルシューティングのテクニック、ならびに使用すべき測定器の概要について解説します。

ダウンロード・ボタン

 
■ IT インフラの基礎を支えるケーブル配線システムの重要性 ■ データセンターおよび企業ネットワーク基盤を支える光ファイバー配線システムの重要性

IT インフラの基礎を支えるケーブル配線システムの重要性 オフィスに張り巡らされた LAN について、日頃、ユーザーが意識することはないが、LAN 配線の性能はコネクタとの接続やケーブルの引き回しなどによっても変化する。そのため、作業者の技量や施工環境によっては、規格が定める性能を下回ることがあります。

 そこで、LAN 配線を適正に構築するために技術者が知っておくべき規格や試験方法、テスターの使い方等の基礎知識、最新の規格動向を分かりやすく解説します。

ダウンロード・ボタン

データセンターおよび企業ネットワーク基盤を支える光ファイバー配線システムの重要性 光ファイバー・ネットワークは、ビジネスにとって最も重要な資産であるデータセンターの中核をなしており、高速に必要な情報にアクセスすることを要求しています。このような状況下でダウンタイムの発生やパフォーマンスの低下が許されないことは言うまでもありません。今日の光ネットワークは広い帯域幅を必要とし、伝送速度が 40 ~ 100 Gbps へと高速化するのに伴い、光配線に要求される損失バジェットはこれまでになく厳しくなっています。

 本書は、光ファイバーの実用化の歴史から、最近の配線規格動向ならびに市場動向を概観するとともに、高速光配線システムが、その性能を確実にサポートできるための配線性能要件、ケーブル品質の適切な評価、認証と効率的なトラブルシューティング方法について解説します。

ダウンロード・ボタン

 
■ 情報配線の試験要領書 (Rev C) ■ メタル/光ファイバー配線測定の用語集

情報配線の試験要領書 私たちの身の回りには網の目のように LAN 配線が張り巡らされています。ただ単に PC とネットワークを結ぶだけに見えるこの配線には、物理層における確実な信号伝送を保証するための性能が様々な規格によって決められています。そして、これらの規格に基づいて施工された配線は、最終的に当該規格に定める性能要件を満たしているか試験 (測定) を行わなければなりません。
 本書では、これらの規格の概要や施工後の測定方法をご紹介し、LAN 配線工事仕様書作成における試験項目の作成に手助けとなる実務的な情報を提供いたします。

ダウンロード・ボタン

 

メタル/光ファイバー配線測定の用語集 ネットワークの世界は、専門用語がたくさん登場し、その意味を1つずつ理解するのも大変です。
 本書は、これからネットワークの工事に携わる方々や、すでに用語やその意味を知ってはいるが再確認をされたい方々、およびフルーク・ネットワークスのケーブル・テスト製品を使用される方々に便利な、メタルおよび光ファイバー・ケーブルの敷設や試験に関係する用語集をコンパクトにまとめました。
 さらに試験結果を提出する際に使用する LnikWare PC テスト管理ソフトウェアによって出力されるレポートの簡単な解説も含まれております。

ダウンロード・ボタン

△ トップへ戻る
最新情報:
 
2017 年 11 月

■ ケーブル試験のトラブルシューティング・ツール・ガイド ■ MPTL:今日のコンバージド・インフラのための試験手順

ケーブル試験のトラブルシューティング・ツール・ガイド ケーブル・テスターには、敷設した配線システムが配線規格に入っているかどうかを確認する「認証試験」用ケーブル・テスターの他、低価格で試験の目的と試験要件レベルを「配線の伝送性能」や「導通の確認」などの必須項目に絞り込んだミッドおよびローエンドのケーブル・テスターがあります。後者は主に、配線のチェックやトラブルシューティング時の 1 次切り分け用に使用されます。

 本書はこのような異なるタイプのメタル配線用ケーブル・テスターの紹介、および、ご購入前に、使用目的に合ったツールが間違いなく選択できるようになるための「LAN 配線とその試験の基礎知識」と「トラブルシューティング用ツールの選択指針」、ならびにフルーク・ネットワークスが提供する「製品タイプごとの特長機能」とこれらを活用した「トラブルシューティング手法」について紹介します。

ダウンロード・ボタン

MPTL:今日のコンバージド・インフラのための試験手順 モノのインターネット (IoT) とセンサー技術の発展により、多くの IP 対応デバイスがメタル線の水平配線インフラに接続されています。LED ライト、防犯カメラ、ビル自動化制御など、このようなほとんどのデバイスと Wi-Fi アクセス・ポイントは、ネットワークに接続するために RJ45 ポートを備え統合化がなされています。

 こういった種類のデバイス (特に、フェース・プレートの取り付けに向かない天井に設置されるデバイス) を接続する際、一般的な 4 コネクター・チャネルを使用しない場合があります。

ダウンロード・ボタン

 
■ ケーブル・テスターを使ってカテゴリー 8 配線システムの どこをテストすればよいのか?  

ケーブル・テスターを使ってカテゴリー 8 配線システムのどこをテストすればよいのか? すでに、TIA TR-42.7 分科会によってカテゴリー8 配線が承認されたことはご存知のことと思います。またフルーク・ネットワークスが Cat 8 フィールド試験の性能要件を満たすことを独立認証機関によって検証・推奨された最初のフィールド試験向けの DSX-8000 ケーブルアナライザーを発売したことも恐らくお聞きになったことがあるかと思います。

 それでは、Cat 8 配線システム試験が、どこにおいて、なぜ、試験をする必要があるのかご存知でしょうか?

ダウンロード・ボタン

 

 
2017 年 10 月

■ 光源とパワー・メーターを使用した双方向試験について ■ OTDR 測定時のカーソル配置について

光源とパワー・メーターを使用した双方向試験について ISO/IEC 14763-3 光ファイバー配線テストの 2014 年版では、パーマネント・リンクに対する単方向試験を必須条件として記載しています。特定のケースでは、双方向試験も必要になります。

 しかし、ISO/IEC 14763-3 では、双方向試験のやり方について情報を提供していません。本記事では、その方法を説明します。

ダウンロード・ボタン

OTDR 測定時のカーソル配置について OTDR を使用してパーマネント・リンクをテストおよび特性を観察する際には、コネクター減衰量とファイバー損失の測定が必要です。この測定をおこなうには、ランチ・コードとテイル・コードが必要です。

 OTDR のテストにおいては、測定エラーにつながる可能性があるため、測定時にはカーソルの配置に注意する必要があります。本記事では、これらについて図を交えながら解説します。

ダウンロード・ボタン

 
■ 試験方法と構内情報配線規格 - ハーモナイゼーション  

試験方法と構内情報配線規格 - ハーモナイゼーション 規格の会議に参加したことがある人であれば、「ハーモナイゼーション」という言葉を頻繁に聞いたことがあるかもしれません。ハーモナイゼーションという考えは、究極の目標のようなもので、異なる団体からの規格を合意一致させることです。

 本記事では、TIA、IEC、および ISO/IEC の規格化団体が発行している構内配線およびテスト規格について取り上げます。

ダウンロード・ボタン

 

△ トップへ戻る
2017 年 9 月

■ 500 万件以上のテスト結果がクラウドにアップロード! ■ データセンターの主流であり続ける RJ-45

500 万件以上のテスト結果がクラウドにアップロードされました! 世界中の敷設業者、ネットワーク管理業者の皆さまに Versiv・ファミリー製品をご利用いただき、当社は業界で大きな成果を達成することができました。500 万件以上のテスト結果がフルーク・ネットワークス LinkWare Live ケーブル認証クラウド・サービスにアップロードされました。その数は増え続けており、毎月 300,000 件以上のテスト結果がアップロードされています。

 このことからも、会社の業務やビジネスを改革するために、ますます多くのユーザーがクラウド・サービスとコネクテッド・テクノロジーを活用していることがわかります。

ダウンロード・ボタン

データセンターの主流であり続ける RJ-45 メタル線ツイストペア・ケーブルは、データセンター・インフラの基盤です。今日のサーバーでは、RJ-45 ポート タイプが最も多く使用されており、毎年 10 億近い RJ-45 コネクターが販売されています。

 昔から広く使用されているRJ-45 の特長は、25 Gbps および 40 Gbps ネットワークの新しい Cat 8 システムでも変わらず、今後とも一般的なコネクターとして使用され続けられるものと考えられます。

ダウンロード・ボタン

 
■ 2 または 8 の倍数の芯線数を持つ将来の光ファイバー  

2 または 8 の倍数の芯線数を持つ将来の光ファイバー 市販の 8 芯 MPO ソリューションは、ギガビット (40GBASE-SR4) や 100 ギガビット (100GBASE-SR4) アプリケーションに最適です。8 芯のうち、4 芯を使って送信、4 芯を使って受信を行い、伝送速度は 10 または 25 Gb/s です。

 将来の光ファイバー・アプリケーションにおいて、今後も 8 芯 MPO ソリューションが最も有用であると考えられます。これは、将来のすべての光ファイバー・アプリケーションの芯線数は、12 ではなく、2 または 8 の倍数であるためです。

ダウンロード・ボタン

 

 
2017 年 8 月

■ Cat 6A パッチコードの測定結果について  

Cat 6A パッチコードの測定結果について ケーブル認証ツールを使用してカテゴリー 6A パッチコードを測定すると、パッチコードのフィールド試験結果が不合格であったり、アスタリスク記号 (*) 付きの測定結果が表示されたりすることがあります。

 このホワイトペーパーでは、結果にばらつきが生じる原因を説明し、フィールド試験においてこの状況が発生した場合に取るべき対応を解説します。

ダウンロード・ボタン

 

△ トップへ戻る
2017 年 7 月

■ 光ファイバー:バックボーン以外での利用 ■ BIMMF による光ファイバー規格対応への賛否両論

光ファイバー:バックボーン以外での利用 最近、企業のさまざまな配線システムで、メタル線を使った水平構内配線の代わりに、パッシブ・オプティカル LAN (POL) が使用されています。この技術によって、ライザー・バックボーンやデータセンター以外でも光ファイバーが使用され始めたため、光ファイバー技術者は、これらの水平配線における光ファイバー配線システムを水平配線の外でもテストする必要があります。

 本ブログでは、このパッシブ・オプティカル LAN についてどのようなものなのかをご紹介します。

ダウンロード・ボタン

BIMMF による光ファイバー規格対応への賛否両論 最近、曲げ不感マルチモード光ファイバー (BIMMF) をテストコードに使用できない理由についてよく質問されます。問題なのは、BIMMF 以外の光ファイバー(「従来」の光ファイバー)の調達が困難になってきているなか、敷設業者は、状況に応じて既製製品を購入する必要があるとういうことです。

 さらに、テストコードに BIMMF 以外の光ファイバーの使用を義務付ける IEC テスト規格の変更も要求されています。本ブログでは、このことによってもたらされる影響も含め、詳しく見ていきます。

ダウンロード・ボタン

 
■ OM5 の現状と規格化動向についての最新情報  

OM5 の現状と規格化動向についての最新情報 まざまな議論が行われ、何かと話題になった OM5 (以前はワイドバンド・マルチモード・ファイバーまたは WBMMF と呼ばれていました) は、ついに明確に規格化されました。OM5 は、簡単に言えば、953 nm の帯域特性が追加された OM4 光ファイバーです。もちろん、それだけではありません。

 本ブログでは、OM5 について従来の OM3/OM4 との違いや新しい通信方式である SWDM などについてご紹介します。

ダウンロード・ボタン

 

 
2017 年 6 月

■ 40 Gig デュプレックス・マルチモード・アプリケーションについて ■ 光ファイバーの西部開拓時代 - 制約のない世界

40 Gig デュプレックス・マルチモード・アプリケーションについて 波長分割多重方式 (WDM) をサポートするために、840 ~ 953 nm 波長を規定する OM5 ワイドバンド・マルチモード・ファイバー (WBMMF) が業界規格で認められたため、デュプレックス・マルチモード・ファイバーを使用した 40 Gig イーサネットを実現するソリューションが何かと話題になっています。

 本ブログでは、規格に基づかないいくつかの方法についてもその概要について触れています。

ダウンロード・ボタン

光ファイバーの西部開拓時代 - 制約のない世界 40 Gig デュプレックス・マルチモード・アプリケーションは今日のデータセンターがスイッチ間の光ファイバー・リンクをコスト効率よく広帯域化するための数多くある方法の 1 つの手法です。実際にはさらに数多くの方法があります。

 光ファイバーには標準化された方法がなく、ある意味では西部開拓時代に似ています。必ずしも騒然とした、無拘束、無秩序な行動で特徴づけることはできませんが、光ファイバーの導入には手つかずの領域があることは確かであり、多くの場合、いわば不法(すなわち不適合)と言えます。

ダウンロード・ボタン

 
■ MPO 構成 による光ファイバー配線試験方法の解説  

MPO 構成 による光ファイバー配線試験方法の解説 MPO コネクターで成端された光ファイバー配線の減衰量測定方法は、IEC、TIA、または ISO/IEC 規格で明確に規定されていません。ケーブルは、ピンありまたはピンなし MPO プラグで成端することもできます。このような異なる状況がある中では、テスト方法が不明確になります。

 このホワイトペーバーでは、さまざまなケーブル配線構成のテスト方法について説明します。本解説では 5 つの手順を示します。

ダウンロード・ボタン

 

△ トップへ戻る
2017 年 5 月

■ シールドの完全性 ■ 話題の LP とは?

シールドの完全性 100BASE-TX が全盛の時代、ほとんどの敷設環境では、シールド付きケーブルの利点はそれほどないように思われていました。その後、データレートや周波数が増加した時、外部からもたらされる小さな干渉問題よりも、ケーブル間の干渉が大きな問題になりました。

 最新の Cat 8 ケーブル配線では、エイリアン・クロストーク問題に対処できないため、すべての Cat 8 ケーブルはシールド付きになっています。従って、両端のコネクターのシールドが適切に成端されることが必須になります。

ダウンロード・ボタン

話題の LP とは? 最近話題の PoE (パワー・オーバー・イーサネット) 向けの LP 認証ケーブルを耳にし、自社の PoE 環境にこのケーブルが必要かどうか知りたいと思っていませんか?

この新しい UL 認証規格と 2017 National Electric Code (米国電気工事規定) との関係、さらに策定された理由、そしてテストしなければならない理由について詳しく見ていきましょう。

ダウンロード・ボタン

 
■ MPO コネクター付きのケーブルのテスト  

MPO コネクター付きのケーブルのテスト 光ファイバー・ケーブリングに関連する多様な規格が存在しているにもかかわらず、MPO コネクターで成端された光ファイバー配線の試験用の規格が発表されていないことに驚かれる方もいることでしょう。 筆者により、このようなテスト・ガイダンスが提供される技術報告書 (TR) が 2017 年 6 月についに発表される予定です。

このガイダンスは TR/IEC 61282-15 と呼ばれます。技術報告書は、特定のトピックについてガイダンスを提供するものの、国際規格や ANSI/TIA 規格などのように必須要件は含んでいません。

ダウンロード・ボタン

 

 
2017 年 4 月

■ NBASE-T 2.5G / 5G イーサネット・テクノロジー ■ NBASE-T のパフォーマンスおよび ケーブリングのガイドライン

NBASE-T 2.5G / 5G イーサネット・テクノロジー 企業ネットワークの大半は、ここ 10 年ほど、アクセス層のスループット向上のニーズを満たすために 1000BASE-T イーサネットに頼ってきました。しかし、このアプリケーションが主要テクノロジーとして存在し続ける時間はなくなりつつあります。

 IEEE 802.3bz 規格の完成前の 1Gbps 超の速度に対する差し迫った需要に応えるため、NBASE-T Alliance (45 社以上の業界リーダーによって構成されるコンソーシアム) は、IEEE の策定プロセスと並行・協力して、標準化前の仕様および製品の開発に取り組んでいます。

ダウンロード・ボタン

NBASE-T のパフォーマンスおよび ケーブリングのガイドライン NBASE-T Alliance は、企業ネットワーク・インフラに新しい命を吹き込むことを目標にしている45 社を超える企業からなるコンソーシアムです。同アライアンスは、膨大な量にのぼる企業ネットワークの既設のカテゴリー 5e、6、および 6A メタル線を使用した、最長 100 メートルで最大 2.5 および 5 ギガビット/ 秒(Gb/s)の速度を実現する PHY 仕様を発表しました。

 本書では、NBASE-T™ テクノロジーを既存のケーブル配線に実装しようとしているネットワーク所有者および設計者向けに、ケーブルインフラの評価、ケーブル構成が最悪の場合に予想される NBASE-T のパフォーマンス、ケーブリング・チャネルが NBASE-T をサポートするようにするための軽減策について説明します。

ダウンロード・ボタン

 
■ 光ファイバー認証試験 - 実践ガイド:基礎から分かる高速回線の高確度測定と診断  

光ファイバー認証試験 - 実践ガイド:基礎から分かる高速回線の高確度測定と診断 光ファイバー・ネットワークは、ビジネスにとって最も重要な資産であるデータセンターの中核をなしており、高速に必要な情報にアクセスすることを要求しています。このような状況下でダウンタイムの発生やパフォーマンスの低下が許されないことは言うまでもありません。今日の光ネットワークは広い帯域幅を必要とし、伝送速度が 40 ~ 100 Gbps へと高速化するのに伴い、光配線に要求される損失バジェットはこれまでになく厳しくなっています。

 本書は、光ファイバーの実用化の歴史から、最近の配線規格動向ならびに市場動向を概観するとともに、高速光配線システムが、その性能を確実にサポートできるための配線性能要件、ケーブル品質の適切な評価、認証と効率的なトラブルシューティング方法について解説します。

ダウンロード・ボタン

 
△ トップへ戻る

 
 
Powered By OneLink